検索

反り腰


腰だけ異様に反れている方や

たまに見かけます。

そんな方は腰に過剰な負担がかかっています😱

実際、腰が痛い・しんどい

という方多いと思います😞

長くその状態が続くと

背骨にも影響が出てきてしまいます。

反り腰の原因は、

お腹や脚、おしり等

沢山の要因を考えることが出来ますが

今回は背中の筋肉に注目したいと思います。

背中の腰の部分には大きな筋肉がついています。

名前は『広背筋』

広背筋は上腕前面から肩甲骨より下の

背骨・骨盤についています。



作用は、主に腕を後方に内転・内旋させることです。

また、骨盤の後ろ側を上へ引っ張り

前傾させて腰を反らせます。

まさに反り腰をつくる原因となる事が

わかると思います。

この筋肉が縮んだまま固まってしまうと

腰が反ったまま丸めることが出来ず

腰を痛めてしまいます。

ストレッチで筋肉に伸び縮みの刺激を与えて

柔軟に動くようにさせましょう!

まず立った状態から肩幅くらいに足を広げます。

続いて、伸ばす方の腕を上げて

反対側の斜め前に上半身を倒します



真横でも伸びを感じると思いますが

広背筋ではなく違う筋肉が

伸びてしまっています。

広背筋にしっかり効かせるために

「斜め前」に倒してください🙂

筋肉が

【伸びたら戻す、伸びたら戻す】

を繰り返してください

出来る時に出来るだけ

長期間続けてもらえると嬉しいです😌

ぜひやってみて下さい♪

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示